車の修理にはどれくらい費用がかかる?箇所別の相場

車のフレームの修理

車のマフラーの修理

車のマフラーの修理費用は、溶接修理などで1万円程度までです。
マフラーに穴が開いているなどの補修は、開いているマフラーの穴を溶接で補修修理する費用で1万円程度だそうです。
マフラーの部位によるので、パテ埋め等で補修する場合もあります。
溶接やパテ埋め等で車のマフラーを補修修理できない時は、マフラー交換となり、約3万円程度かかります。
国産車の軽自動車など、一般的に大量に普及している車種等の場合には、車のマフラー自体の価格が約2万円程度からで、工賃も約1万円程度などで修理をしてもらえることもあります。
部品の調達などがその値段に反映されることが多く、部品が手に入り易い車種かどうかによりその修理費用が大きく変わるので、注意しておく方がいいかもしれません。

日本車は経済的

車のドアや屋根やボディの防水の部品劣化で、雨漏りなどの修理にかかる概算の費用は、パッキンやコーキング補修をすると5万円から10万円越えです。
車のところどころにサビを発生してしまうといけないので、車内のクリーニング等も行う必要も出てきて、費用は部品補修では済みません。
交通事故が原因となって雨漏りしたのであった場合は、衝撃で車のフレームの歪みからのケースもあります。
車のフレームの修理は、10万円から百万円程度の修理費用がかかり、車を完全に修復することは困難です。
一度修理しても、数か月後や数年してから雨漏りがするようになることも。
車の補修方法やその買い換えなどは、トータルに費用を考えて慎重に選択するべきです。