車の修理にはどれくらい費用がかかる?箇所別の相場

タイヤのパンクの修理代

バンパーは大切

車のバンパーの修理費用で、小さなへこみなどの狭い場所の簡易的な補修は、約1万円以内で済むかもしれません。
バンパーの部分的な修理は、数万円から4万円程度です。
自損の交通事故でバンパーの側面等を擦った時には、その箇所の板金や塗装をやり直して補修できます。
その場合は真ん中から片側の半分を塗り直す作業で修復します。
バンパーの広範囲を擦ってしまった時や、塗装の継ぎ目が嫌な人はバンパー全面を塗装でき、数万円から5万円程度です。
もらい事故で相手の自動車損害保険の対物保険を利用される場合は、傷にかかわらず全て塗り換えたり、衝撃がひどかった場合や材質が板金等で修復不可能な場合はバンパー交換になることもあります。
国産車のバンパー交換は、5万円から20万円で、外車は高額になります。

車の修理費を安く

車の修理費をできるだけ安くしたいのは普通の感情かもしれません。
車の経年によっても考え方は多少変わりますが、修理費を安くなるようにするには、修理業者の選択が大きく影響します。
よく検討する必要もあり、塗装などの外観の修理の仕上がりが気になる人は後悔しないように考えましょう。
とにかく費用だけ安くすることであれば、整備工場業者で修理をすると安心の修理費と出来上がりです。
ディーラーと整備工場業者では大きな違いなどもあります。
修理金額は、ディーラーよりも整備工場業者の方が割引もあって、同じ塗料等で最低限の修理で、安く修理してもらえます。
ディーラーは費用が高くても自社の製品であるため法定の整備の質も良く、その他のサービスの充実や安心感があります。