車の修理にはどれくらい費用がかかる?箇所別の相場

大事な修理箇所

車のドアは注意が必要

車のドアやボディ等のへこみなどの修理費用は、約2万円からです。
左に寄り過ぎてガードレールにぶつけたり、自宅の敷地内で気が緩んで、設置物に車のドアをぶつけてしまったり。
とめてあるバイクや自転車などがコケた時にできた傷やへこみは、サビの原因になり易いので補修は必要です。
修理は、板金かパテ盛りで補修するやり方で、その場所が広いと高額になります。
車のドアの内側は、空っぽでサイドエアバッグやパワーウィンドウの配線などを通すようになっていて衝撃に弱く、大きくへこむこともあります。
車のドアすべてが歪んだりガラスも割れた時や、ドアの材質がアルミ他で、板金補修が不可の時は、車のドア交換になります。
国産車の場合は、ドア1枚が十万円程度で済むこともありますが、外車の場合は高額を覚悟して下さい。

ガラスの修理

車のガラスの修理代は、車種によってかなり違うケースが多いので、気をつけましょう。
基本的なガラス入れ替えの修理ができるのであれば、数万円程度が相場です。
ガラスの傷の程度次第で、穴が開くほどの損傷でなくてもガラス交換が必須となり、5万円から15万円程度はかかってしまいます。
新品のガラス入れ替え作業の修復で十万円以上の費用が発生することもあります。
国産高級車や外車やオールドカー等、特殊な車の修理の場合は高額になることもあります。
ガラスは高価な箇所の修理となり、数十万円以上で百万円程度の場合も発生し、注意が必要です。
ガラスの場合は小さな傷でも振動などでの劣化が心配され、安全性のためにもできればガラス交換しておくと安心です。